E-パイルネットワーク有限責任事業組合|石川県金沢市

E-パイルネットワークでは「躯体デザイン」と言う考え方を基本としたプロジェクトを進めています。

躯体デザイン

HOME ≫ 躯体デザイン ≫

DESIGN

CRYSTA PREMIUMの躯体デザインストーリー

ハウスデバイス化認定・表示プロジェクト

ハウスデバイスメーカーが、ハウスセットメーカーに部材供給する仕組みを構築することで、
ハウスデバイスとなる各部材精度や、部材と部材の接合に新しい仕組みが生まれます。
躯体デザイン

1.土地の3D化
ここからすべてが始まります

私たちは土地を計測し、建物を設計するプロセスに3D化を導入しています。
土地は基本的に真っ平ではありませんのでどこを基本にし、どこが高いか低いか?
その点を明確にし、土地情報を3Dデザインにするため詳細な情報取得を行います。
そして、地盤調査を行い建物建設に必要な情報を取得し土地3D化が完了します。
躯体デザイン

2.地盤補強のデジタルデータ化
地盤補強は施工データをすべてデジタルデータで記録します

CRYSTAの地盤補強は「施工位置」「施工深さ」「施工資材量」「施工強度」など、
施工に必要となるすべての対応をデジタルデータで取得し、計画と実績が検証できるよう
デザインされ、人的ミスを限りなくゼロにデザインされています。

地盤補強設計から施工まで、完全デジタル化するプロセスを経て、
地盤(地盤補強体)の「ハウスデバイス化」が完了します。
躯体デザイン

3.基礎施工サポート
位置情報システムを利用して基礎施工をサポートします

通常、熟練した方で行う基礎施工にも3D情報を利用し基礎が正確な位置に
設置されるためのサポートシステムが導入されています。
このサポートシステムにより基礎の外形部分がデザインされて行きます。
躯体デザイン

4.3D基礎検査
3Dデータで基礎検査を行います

基礎の位置情報を、計画値と実績値で検証する基礎検査は、高い精度で設置状況の検証して行きます。
(計測方法は非開示とさせていただきます)
このプロセスを経て建物の基礎のハウスデバイス化が完了します。
躯体デザイン

5.躯体の3D検査
3Dデータを利用した躯体の3D評価を行います

骨組み設置が行われる際、土台部分の位置情報を取得します。
そして、これまで取得して来た土地(地盤)基礎・骨組の3要素を評価するプロセスを経て、
躯体のハウスデバイス化が完成します。
躯体デザイン

6.躯体のハウスデバイス化
今までに無い精度で躯体が完成します

熟練工に依存することなく、精度の高い躯体(ハウスデバイス)設置が実現します。
バナー

7.ハウスデバイス設定・表示
躯体のハウスデバイス設定の表示

デジタル技術で対応するハウスデバイス認定は、最終的に設計者側で作成する設計図書にその内容が明記され、建築物件には認定建物であることが表示されます。 

・土地形状の判定・表示
・地中の地盤改良体の判定・表示
・基礎の寸法と配置の判定・表示
・部材接合部の強度判定・表示
躯体デザインでお客様と寄り添う対応への疑問にお答えします。


お気軽にご連絡くださいCRYSTA PREMIUMチームが対応します。

tel:050-3701-1517 メールでのお問合せ

モバイルサイト

EPN有限責任事業組合スマホサイトQRコード

EPN有限責任事業組合モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

E-パイルネットワーク有限責任事業組合

〒920-0101

石川県金沢市利屋町る30番地
千代田機電株式会社工事部内

TEL 050-3701-1517 / FAX 076-203-314

Mail info@epn114.com