ローカルルールからグローバルスタンダードへ
「躯体オペレーションシステム」が目指すテーマです

土地の3D化をベースとして、住宅建設プロセスに共通座標管理方式を導入する「躯体オペレーションシステム」は
見えない線と点で構成する「建物位置情報」は「躯体情報の見える化」を可能にし、建物品質の検査・評価も可能
にする、2020年からスタートする民法改正に沿った新しい住宅施工基準に伴うサービスです。

お問い合わせ






個人情報の保護について

インターネットを通じて当ウェブサイトの「お問い合わせ」をご利用いただいた際に、必要な情報の元となるお客様の個人情報の取扱いを行いますが、 お客様の個人情報を、お客様の同意なしに第三者に開示することはありません。