建物のハード部分の
課題を解決します

土地の3D化をベースとして、建設プロセスに共通座標管理方式を導入する
「住宅×ICT」を提供しています。共通座標化により、見えない線と点を構成
して「見える化」する「躯体オペレーション」で建物価値向上を目指します

WELCOME

TOP4.png

躯体デザインが建物価値を決定する時代に向けて

 

私たち、E-パイルネットワークでは「躯体デザイン」と言う考え方を基本に

プロジェクトを進めています。建物躯体を設置するため、手始めとして土地

を3D化することからスタートし、建物建設プロセスごとに使用するデータの

「共通座標化」を行います。

「土地」「地盤」「基礎」「骨組」を見えない点と線で躯体デザインをして

行く「躯体オペレーションサービス」は、建物設置精度が向上するだけでは

なくマイホームに新たな付加価値をもたらして行くサービスです。