ローカルルールからグローバルスタンダードへ
「躯体オペレーションシステム」が目指すテーマです

土地の3D化をベースとして、住宅建設プロセスに共通座標管理方式を導入する「躯体オペレーションシステム」は
見えない線と点で構成する「建物位置情報」は「躯体情報の見える化」を可能にし、建物品質の検査・評価も可能
にする、2020年からスタートする民法改正に沿った新しい住宅施工基準に伴うサービスです。

news

2019-03-30 10:10:00

ホームページをリニューアルしました

建物のハード部分の課題解決を行うEPNでは、この度、ホームぺージをリニューアル

致しました。様々な情報を適時開示して参ります。 

 

 

 

1