ローカルルールからグローバルスタンダードへ
「躯体オペレーションシステム」が目指すテーマです

土地の3D化をベースとして、住宅建設プロセスに共通座標管理方式を導入する「躯体オペレーションシステム」は
見えない線と点で構成する「建物位置情報」は「躯体情報の見える化」を可能にし、建物品質の検査・評価も可能
にする、2020年からスタートする民法改正に沿った新しい住宅施工基準に伴うサービスです。

news

2019-04-01 10:03:00

躯体オペレーション対応について

建物のハード部分の課題解決を行うEPNで進めている、躯体オペレーションシステム

は、2020年に行われる民法改正に対応し、建物の躯体部分の建設プロセスの位置

情報を検査方法として提供します。

 

土地に対する建物位置、地盤改良時の杭打設位置、基礎の位置、骨組みの位置を独自

の検査方法で対応する新しい検査方法です。

 

必要となる「地盤調査」「地盤改良」の対応を、各地域の住宅商社様との提携にて

対応しています。

 

現在の対応は、限定ビルダー様のみの対応を行っておりますが、法改正半年前を目途

にサービスをリニューアルしてスタート致します。

 

皆様には、今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。 

 

1