建物のハード部分の
隠れた課題を解決します

土地の3D化をベースとして、建設プロセスに共通座標管理方式を導入する
「住宅×ICT」を提供しています。共通座標化により、見えない線と点を構成
して「見える化」する「躯体オペレーション」で建物価値向上を目指します

news

2019-07-22 15:59:00

地盤改良時の準備工対応開始のご案内

建物のハード部分の課題解決を行うEPNで進めている、躯体オペレーションシステム

の内、地盤改良時に行う準備工(杭位置決定)についての単体提供を開始いたします。

 

来年4月1日からの民法改正により、建物建設プロセスの裏付が求められて来ます。

そのため、土地の寸法確認となる「現況測量」を基本として、建物配置に関わる対応

 

をデジタル化する 住宅×ICT対応として「地盤改良時の準備工」と「基礎検査」について

 

単体のサービス提供を開始します。

 

現状のサービス対応可能数は月間20棟程度とし、下期より月間50棟程度の対応

 

を可能にするための準備を進めています。

 

 

1.現在の対応範囲は以下の通りとなります。

 

① 愛知県(名古屋市・一宮市・稲沢市・西尾市・津島市・春日井市・小牧市・日進市)

② 岐阜県(全域)

③ 石川県(全域)

④ 富山県(黒部市以西)

⑤ 福井県(鯖江市以東)

⑥ 三重県(対応範囲は確認願います)

⑦ 滋賀県(対応範囲は確認願います)

 

2.対応方法

・トータルステーションを用いた位置決定による対応

  (測量図・CADデータがある場合のみ対応します)

 

3.対応金額

・建築面積約80㎡の基本価格 45,000円/1棟 

・CAD図面をお送り頂いた上で個別に決定

・契約による価格決定方式あり(年間契約・棟数契約方式あり)

※ メンバー向けに対応する躯体オペレーション対応は行いません。 

 

 

 

1