ローカルルールからグローバルスタンダードへ
「躯体オペレーションシステム」が目指すテーマです

土地の3D化をベースとして、住宅建設プロセスに共通座標管理方式を導入する「躯体オペレーションシステム」は
見えない線と点で構成する「建物位置情報」は「躯体情報の見える化」を可能にし、建物品質の検査・評価も可能
にする、2020年からスタートする民法改正に沿った新しい住宅施工基準に伴うサービスです。

news

2019-06-25 16:31:00

地盤補強工法の取り扱い拡充について

建物のハード部分の課題解決を行うEPNは、盤補強用先端翼付鋼管の

一種に分類され、細径鋼管と先端翼が独立した構造のCPP工法を追加

しました。

 

これまでは、軟弱地盤対応で高コストになる場面で色々ご協力頂いて

参りましたが、本対応を取ることで一般的な対応価格実現に寄与して

参ります。

 

EPNのパートナー企業とコラボレーションして参ります。

 

1